そろそろホワイトニングが本気を出すようです

歯を綺麗にするのを中心に据えているため、歯の咬み合わせのチェックなどを曖昧にしてしまっている事実が、あちこちから知らされているそうです。

乳歯は永久歯と違って、象牙質やエナメル質などの分厚さが約半分程度しかないのです。特に歯の再石灰化の力も強くないため、虫歯の菌に軽々と溶かされてしまうようです。

万が一歯冠継続歯の根っこの部分が壊れたらそれは歯根破折という状態ですが、悔しいですが二度と使えません。その九割方を占めるケースでは、抜歯の処置を施す事になるのです。

審美歯科治療とは、相好だけではなく、歯並びや噛み合わせの不具合の矯正によって、そうすることでもともと歯が持っている機能美を蘇らせるということを追求していく治療の方策です。

歯をはるか先まで温存するためには、PMTCがとても肝心であり、この技術が歯の施術の後の状態を長々と存続できるかどうかに、多大な影響を与えることも本当の事です。

只今、虫歯に悩んでいる人、加えてかねてよりムシ歯があった人、実に日本人の9割もの人がこうした虫歯を引き起こす菌を、疑いなく擁していると見て間違いありません。

歯を削って白くする研磨剤の入った練り歯みがきは、少々マイナスのアイテムですが、歯がもう一度石灰化する事を促すという事は有益な効力です。

今流行のインプラントとは、歯肉の内部にある顎の骨に、チタンでできた人工歯根を埋めて、それを礎に予め準備された歯をしっかり取り付ける口腔内対策です。

歯科でデンタルクリーニングをしてもらうのは、歯周病を引き起こす菌の増殖を予防する優れた方策であると、科学的な根拠が示されており、ただなんとなく清々しいだけではないと考えられています。

歯と歯の噛み合わせの不調は、顎関節に痛みを伴う顎関節症の発端の一部ではあるとされていますが、まだ他に違う病因が確かにあると認識されるようになってきたそうです。

審美歯科の治療において、馴染み深いセラミックを使う場合には、例えば差し歯の入れ替え等が用途としてありますが、歯への詰め物としても馴染み深いセラミックを利用することが不可能ではありません。

少しアゴを動かすだけで痛く感じる入れ歯、ぴったりしていない入れ歯は、それが原因で充分に咀嚼できずにそのままのどを通してしまうケースが、頻発してきているとよく耳にします。

歯の持つ色は本来ピュアなホワイトであることはなく、多少の個人差はありますが、大体の人の歯の色は、イエローの系統やブラウン系に色付いています。

審美歯科が行う施術では、「悩まされているのはいかなるものか」「どんな笑い顔を手にしたいか」をできる限り話しあうことを前提に取りかかります。

虫歯を防ぐには、通常の歯みがきだけでは難航し、核心は虫歯のきっかけとなる原因菌の排除と、虫歯の進展を防ぎ止めるという2つの留意点だと言えるのです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ