ムダ毛処理で学ぶプロジェクトマネージメント

それでは実際に、ミュゼプラチナムとエピレのどっちで「両ワキ」と「Vライン」がセットになった脱毛プランを施術してもらうのか。金額だけ見れば間違いなくミュゼプラチナムに即決したいところですが、もっと詳しい情報も調べたいと思いました。その時そこで参考になったのが、エピレとミュゼプラチナムの違いを比較したこちらのサイトです。エピレの初心者用のコースはファーストプランという呼称で、誰でも例外なく一生のうちで1回しか使えないレアなプランです。確か全5種類のプランだったと思いますが、その中身をチェックしているとワキ以外のプランにも追求心が湧いてきそうなほど魅力的で、決心が揺らいでしまいそうです。エピレとミュゼプラチナムを並べて見ていくとお店の数も負けていて、正直言って全国区の脱毛サロンと言えるほどメジャーではないかもしれません。ですがエピレでは、私のような脱毛初心者のニーズに合った専用のお試しコース的なプランが準備されていて、とっても好感が持てます。最初の決心とはちょっとだけ違う方に進みますが、これも下調べをまじめにやった効果だと前向きに捉えます。なにはともあれ近い将来契約するんだったら、オトクなプランが利用することができる今一緒にやっておくべきだと判断するのはむしろ普通のことです。一方のエピレのファーストプランでも、「両ワキ」と「両ワキ+Vライン」のミュゼプラチナムと同様に2パターンがありますが、両方同じ金額に設定されています。こういった真相を見つけてしてしまうと、「両ワキ」限定に固執するのが意味がなかったとさえ思えてきます。この年になって初めてムダ毛処理をプロの方にお願いすることを思い立った私は、とりあえず両脇脱毛から始めてみようと思いました。ワキ脱毛で評判のいい脱毛サロンはどこかと情報をかき集めていると、絶対に出くわす脱毛サロンがありました。日本全国で桁違いの店舗数を誇り、顧客数も他の追随を許さないミュゼプラチナムです。ミュゼプラチナムではイチオシの脱毛プランは「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」です。契約の有効期限も施術を受けられる回数にも縛りはなくその後一切の料金は全然必要ないそうです。更に値段はほんの100円で、「両ワキ」だけだと3
600円です。割り引かれるweb予約をしても2
600円と金額の差は比較にならないほどです。でも脱毛サロンに初めて通う私はここでひとつ壁にぶつかります。Vラインを他人に処理してもらう事を考えると本気でこの上ない位に恥ずかしいです。でも事実としてVラインもワキと同じように自己処理が不可欠です。セクシーな下着や水着からはみ出しそうな状況はなんとかしたいとも思います。けれども今回は徹頭徹尾ワキ脱毛にこだわっての脱毛サロン選びです。安定感を失いつつある当初の意思をグイッと引き寄せ調査を進めていきます。ワキ脱毛のプランをチェックしていくうちに、思ってもみなかった事に出くわしてしまいました。それは、「ワキ脱毛しかしないのは損」ということです。何を見ても脇脱毛ならミュゼプラチナムがイチオシとしていますが、他の脱毛サロンはないのかということも心に引っ掛かります。ミュゼプラチナムではないところでワキ脱毛がおすすめなのは、エステのTBCを親をに持つエピレがあるという事が分かりました。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ