最近よく耳にするインプラントは、自分の

最近よく耳にするインプラントは、自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代用となる人工歯のことです。
ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので違和感が比較的少なく、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。インプラント治療も万能ではなく、基本的にはインプラント以外の治療はできないという方にすすめられる治療なのです。周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、義歯では上手に噛めないなどでインプラントしかないとされるというのが、多くの患者さんの実態です。入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。
インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗をゼロにすることはできません。
どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体に生じた問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという外見が損なわれる可能性もあります。
このような危険をできるだけ避けるために、データや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。
相場は地域によって異なります。歯科医院の規模や、歯科医の評判も費用の差になってきますので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して治療に取りかかることをすすめます。ここで重視すべきなのはインプラント治療を受けた方からの評価です。
何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。多くのメリットを知られるインプラント治療。でも、当然ながらデメリットもあります。まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。
高額のケースでは、数十万円必要になることもあり得ます。
また、治療の失敗内容によっては障害が残るような健康被害も起こりうるというのも、デメリットの一つです。障害を負うにとどまらず、死亡事故も実際に報告されています。
虫歯がかなり悪化して、抜くしかなくなってしまいました。
隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたが歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラント治療に決めました。結構な費用がかかるデメリットはありますが、自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。治療後、噛めるようになると、ほどなく噛んだときの違和感がなくなってきたのでこれで良かったと実感しています。
ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは安定した使用感が得られ、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、けっこう大事なメリットの一つです。上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れるのではと心配する必要はありません。
インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい強いものでもあります。どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。
数々のインプラント治療の問題点について、広く調べたと思いますが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という問題はありませんでしたか。
しかし、それは正しくありません。
MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。
インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので金属といっても磁気には反応せず、検査には問題ないのです。
人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。保険が適用されればありがたいのですが、この人工歯治療は他の人工歯を使った治療に比べて検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。これを保険適用にしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。
どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、治療全体を通して、相当な出費になります。
場合によっては、保険診療にもできるようですが、厳しい条件を満たさなければならず、自費診療として始めるしかないのが費用を押し上げる最大の原因です。どんなに安い治療を選んでも十数万円、困難な治療が含まれると費用はその数倍に及ぶことを承知しておく必要があります。
http://www.ginzadental.jp/

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ