高額なインプラントは、一体何年くらいもつのか

高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保つと考えていいようです。
要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期間の使用も問題ありませんが、日頃のケアが行き届かないとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと思ってください。
よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることはまずありません。
あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もとってつけた感じにならず、これは義歯だと自分から言わない限り、これは義歯だと思われることもいちいち考えなくて良くなります。
費用や期間より、見た目重視の方にとって優先したい治療方法ですね。インプラントは決して虫歯になりませんが、メンテナンスは自分の歯より楽とは誰も言っていません。
義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。
インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って完璧なセルフケアを目指してください。また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。
一般的なインプラント治療は、段階が大きく3つに分かれます。
まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という流れは皆さん変わりません。時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、おおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。
他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。
自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントの定着がみられなかった場合、普通は再手術しか手段はなく、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。
そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を損傷する危険性もあります。
今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。金属の中では、骨との親和性が高い方でアレルギーの発症例も少なくなっています。インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の十分な検査を行い、結果を検討した上で本格的な治療がスタートするので納得した上で治療を始められます。
一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを継続することによって安全で、快適な使用が続くことを期待できます。
インプラント治療が適用されるケースとして、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという患者の希望がある場合です。
例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これが、インプラントの埋入なら失った歯だけを根元から再生する治療になります。
両隣の歯を削って支えにするのはもったいないと要望があるケースではやはりインプラント適用が一番でしょう。
ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての普通のインプラント治療の中でも、院内感染が起きないと言えません。その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが治療の成否に関わる問題です。感染症対策について、具体的な取り組みをウェブサイトの中で説明している歯科医院も確実に増加していますので、真っ先に見ておきたいところです。これからインプラント治療を始めようと決めても、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。現実には、治療費といっても地域や、歯科医によって大きく異なります。
インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用を自由に決められるのが建前です。ただし、おおよそ相場は決まっています。インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場だと押さえておきましょう。インプラント治療を検討している方、大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医の技量は厳しく問われるので相当な差があると考えるべきでしょう。
インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法なのは明らかで、とにかく入念に、歯科医選びをすることがインプラント治療の結果を左右するのです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ