入れ歯で噛むと食べた気がしない、または入れ歯そのも

入れ歯で噛むと食べた気がしない、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にインプラント治療がすすめられるでしょう。
チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが周囲にもそれと気づかれにくく、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。
義歯でも、見た目や使用感を重視する方には最適です。
インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごすように努めましょう。日常生活には極端な制限はありませんが、明らかに負荷がかかるレベルの運動はしばらく行わないようにしましょう。傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。
日常的に運動を続けている方なら、いつから再開して良いか、歯科医と確認しておけばベターです。
インプラントの手術してからしばらくの間、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。
麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが圧倒的に多いです。別の原因が隠れていることもあり得るため、インプラントがなじむまでの間は特に、間を置かず歯科医の診療を受けることを心がけてください。簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。
虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部を支えとして残すことができれば上からすっぽりとクラウンをかぶせることが可能です。
根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯もありますが、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医に頼るしかなければ、国外までも探しにいくということも考えていきましょう。
北欧諸国はインプラント先進国といわれ、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。
長期間快適に使える歯を手に入れるため、そう簡単に断念せず、できる限りの情報を手に入れるしかありません。インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、歯科医と、歯科医院の決め方です。
一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるのでとにかく数多くのインプラント治療にあたってきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。
それはもちろんのこと、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが後悔しない歯科医選びの決め手となります。
多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、費用の問題も大きいと思います。保険適用のケースはほとんどなく、全面的に自由診療になることが普通であるため何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても一概に費用を決められませんし、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでもずいぶん費用は変わってきます。
加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるといったことも他の歯科治療と異なります。
人工歯としてのインプラントは虫歯になる可能性はゼロですが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングはずっと続きます。ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。放置すると炎症が広がるので一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は決して看過できるものではありません。インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療の一大関門となります。そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではがんばって禁煙に励みましょう。
基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。
費用を払いきれるかどうか心配になる方も多いのが当然です。
クレジットカード利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどの名前をつけて信販会社が作ったローンを利用できる融通の利く歯科医院が多くなりました。
手持ちの資金が十分でなくても、自分が希望する治療を始めることは十分可能になりました。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ