歯を抜いてしまった場合まず考えられるのは入れ歯

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。
虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部を支えとして残すことができれば冠のような形の義歯をつくり、クラウンをかぶせる治療ができます。
その一方で、歯を抜いてしまった場合まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を検討することになります。
他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は小さくないと覚悟してください。
インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が次のステップに進むための条件です。組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが相当の妨げになります。インプラント治療を順調に終えようとするなら、最低でも手術から治療終了までの間、つらくても禁煙するのが正解です。
インプラント治療の大きな問題は、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。ほとんどのケースは保険適用外で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、何本分の治療なのか、義歯部の材料などによってもかなり費用が違うことも確かで、自由診療のため、歯科医院によっても費用が異なることはもちろんです。加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるという点にも注意が必要です。
基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。高額の費用が負担となる方もまだまだ多いのです。しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどの名前をつけて分割払いに申し込める歯科医院が増えています。
現金で費用を一括払いする必要なく、自分が希望する治療を始めることは十分可能になりました。様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた優れた歯科医を探したいならば、国外までも探しにいくことも考えるべきです。インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。
インプラント治療で、失った歯を取り戻すためにはすぐにあきらめることなく、可能な限りの情報を集めるのが成就への第一歩です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ