インプラント治療にかかる費用を合計するとイン

インプラント治療にかかる費用を合計するとインプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。相場は地域によって異なります。
歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費は相当変わってくるので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、治療を始めても、決して遅くありません。
歯科医院決定に大事なのはインプラント治療経験者の口コミです。高い費用も、一括払いには限りません。
分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。どんな問題がインプラント治療にあるかをいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという話があったのではないでしょうか。
それは本当のことではありません。磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。
ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので金属といっても磁気には反応せず、MRI検査への影響はありません。歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。
歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根部からほぼ元通りになる人工の歯を作ることだと考えてください。
歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので自分の歯と同じような強度があり、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、その治療にはどうしてもお金がかかります。
人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。なぜ適用されないかというと、インプラント治療と一口に言ってもブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、時間も手間もかかるからです。土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、かみ合わせの調整などに時間がかかり時間に見合った医療費がかかります。
もしこの治療が保険適用だったら、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。
健康保険が使えることもまれにありますが、その条件はとても厳しいのです。
ほとんど全て自費診療だというのが高額の負担を避けられない理由です。
現状では最低線が十数万円、難しいケースでは費用が数倍にもなる可能性があることを覚悟した上で始めなければなりません。費用や手間の面から考えても、インプラント治療はブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんが受ける治療です。
クラウンやブリッジの支えになる歯がない、義歯では上手に噛めないなどで必然的にインプラント治療になるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。
インプラントならば、他の人工歯と比べても安定した使用感が得られ、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、インプラントにして良かった点の一つです。隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。だから歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。
ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに強いものでもあります。キシリトールガムも、問題なく楽しめます。虫歯がかなり悪化して、とうとう抜歯を迫られました。隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたが他の選択肢としてインプラントをすすめられて、インプラントの方が良いと考えました。
自費診療なので、かなりの額になりますがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。
手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん噛んだときの違和感がなくなってきたのでインプラントにして良かったと思いました。
歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も失敗をゼロにすることはできません。
どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に関わる問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題が起きる可能性もあります。
リスクをできるだけ減らすためにはくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。
インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、当然ながらデメリットもあります。全ての患者に関わるのは、高額な費用です。高くついた場合、数十万円にもなることも珍しくありません。
それから、治療が失敗すると、場合によっては起こった問題は、相当深刻化する可能性があるデメリットも忘れないでください。
本当に深刻な例では、患者の死亡例も実際にあります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ