「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、歯根が自分のものであるかどうかです。虫歯などで義歯が必要になるケースでも、根のケア次第で上からすっぽりとクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。その一方で、歯を抜いてしまった場合まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するというインプラント治療が候補となります。インプラント埋入は外科手術なので、術後は手術箇所が落ち着くように、安静に生活するよう気をつけてください。
日常生活では力をかけないように努め、負荷がかかる身体運動は避けた方が良いです。
傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。
運動を毎日のように行っている方は、いつから再開して良いか、歯科医と確認しておけばベターです。
手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。
これは、人工物を埋め込んで周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが多いです。ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、異変を感じた場合は歯科医の判断を仰ぐことを忘れないでください。
インプラント治療は、まず何が大切かというと、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため成功例ができるだけ多い、なるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。それにとどまらず、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども重要なチェックポイントになります。
本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医に出会おうとすれば、国外までも探しにいくということも考えていきましょう。北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。
困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるならすぐにあきらめることなく、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることに努めましょう。インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性はかなり大きいというべきでしょう。
一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが治療の一大関門となります。
そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は相当の妨げになります。インプラント治療の成功を願うなら、治療を受けている間は禁煙を決意してください。皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、費用の問題も大きいと思います。
ほとんどのケースは保険適用外で、全面的に自由診療になることが普通であるため失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても一概に費用を決められませんし、自由診療なので、歯科医院ごとに思いの外費用は違ってきます。
治療が終わっても、ずっと定期検診があるといったことも他の歯科治療と異なります。
人工歯としてのインプラントは虫歯を気にしなくて良いのですが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスはずっと続きます。
しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎を起こしているかもしれません。
放置すると炎症が広がるので一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。
入れ歯の装着に違和感があるという方、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にも選択肢としてインプラント治療があります。あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、上部の義歯になる部分を装着します。
入れ歯に比べれば費用はかかりますが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。
何よりも見た目の自然さや快適な使用感を要求する方に向いています。現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため費用面で、治療を躊躇する方もかなりいるようです。そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどと銘打って分割払いに申し込める歯科医院が増えています。
全ての費用を現金一括払いできなくても、治療を始めることはできる状況になっています。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ