最近はインプラントを利用される方も多くなっ

最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に口臭を人から指摘されるようになったという件がたまにあるということです。これはなぜでしょうか。一つには、インプラントと隣の歯の間などに溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしていることも考えられるので、放置はできません。
自分もそうかも、と思った方は、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。
入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。
その手術とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の卓越した技術が必須といえるでしょう。
そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。
新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラント。しかし、この治療法も決して万能ではなく、難点もあるということに気を付けてください。まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があることです。後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。
抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうかもしれません。
インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。
義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、歯がグラついて違和感を覚えるというケースも稀に報告されています。
そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足に起因することが多いといえます。インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は原則的には一生持つとされていますが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。
当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。
さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、義歯の耐用年数自体が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。
混同されることの多いインプラントと差し歯。
何が違うのでしょうか。読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。
自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。当然、歯が全く残っていない状態では、差し歯は利用しようがないということです。それに対して、インプラントというのは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。
原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。それは、治療を行う歯科医の腕や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずこうだと言い切れるものではなく、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。
担当医の指示通りに痛み止めを服用し、患部を冷やすなどの処置をとっても痛みの治まる気配がないときは、直ちに歯科で診てもらってください。
インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。
各パーツがどのように繋がっているかによって、何種類かのタイプがあります。インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体である1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。
よりメジャーである2ピースタイプは、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。
インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。
プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。美的センスに加えて、熟練したスキルが必要不可欠です。
いわば一点一点がオーダーメイドですから、インプラントに用いるセラミックの義歯は、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。
治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、どうしても自分次第のところがあります。
劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、必ず守るようにしてください。日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、異常に気付くのも遅くなります。ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ